薄フィルム電池の消耗材料は結晶シリコン電池の1%で、厚さが0.0018ミリで、太陽光発電電池の生産コストを効率的に低減できます。また薄フィルム電池は視覚的には日常の建築材料と似て、建築との融合が有効です。

薄フィルム電池ユニット:

正泰の"非結晶/微結晶"高効率薄フィルム電池ユニットは革命的な突破を実現しました:

  • 9%のコンバート効率を突破します。普通のシングル薄フィルム太陽能のコンバート効率が4%--6%にあるので、大面積の設置使用で、製品は市場的競争力が強いです
  • 薄フィルム電池の消耗した材料が結晶シリコン電池の1%で、厚さが0.0018ミリで、太陽光発電電池の生産コストを有効的に低減できます
  • 生産中の原材料、エネルギーの消耗が少なくて、生産コストを低減して、一番速く配電ネットの等価点に達成する希望があります。
  • 高温と弱光の環境で、正泰高効率薄フィルム太陽能がよりすぐれた光電コンバート機能を持っています
  • 軽くて柔かい外観で、正泰高効率薄フィルム太陽能がよりよく建築と融合でき、太陽光発電建築一体化にとって最も理想的な製品です

薄フィルム電池の生産工場は全部世界で先進的なスイスのオーリコー(OERLIKON)の薄フィルム生産設備を採用されます。オーリコー会社は薄フィルム設備の製造分野で10年以上の精密製造経験を持って、業界で認可さ唯一の先端的重なり薄フィルム生産設備を生産します。オーリコーの本部がスイスに設置され、全世界の13個の地区で750以上の従業員を持っています。

保証:

のダウンロード:
ニュースセンター
もっと見る
工程事例
Kumenancho
場所: Kumenancho, Japan
システム容量: 701KW もっと見る
産業の展示会
Intersolar India
City: Mumbai    Country: India もっと見る
×